人生100年まだまだこれから!そんなアクティブシニアライフを応援するブログです。何歳になっても元気で楽しく過ごすために役立つ情報をご紹介します!!

Happy Senior Life




美容

加齢で鼻の穴が大きくなる!?原因や鼻の穴を小さくする方法は?

更新日:

Pocket

 

 

人は誰しも加齢による「老化」があります。

顔の中では目元、口元のシワやたるみが気になってくる方も多いと思いますが、老けて見えてしまう原因の一つに「鼻」も関わってきていると言われています。

 

加齢によって鼻の穴の大きさは大きくなっていることをご存知でしょうか?

昔の写真と比べると一目瞭然の方もいるかもしれません。

 

鼻の穴はなぜ大きくなってしまうのか、原因や大きくなってしまった鼻の穴を小さくする方法をご紹介したいと思います。

 




鼻の穴が大きくなるのはなぜ?加齢も原因?

 

鼻の形は人によって異なりますが、遺伝による影響が大きいと言われています。

しかし、小さい頃からの生活習慣によっても鼻の大きさや形は変わってしまうと言われています。

 

成長とともに骨格が大きくなっていくので、鼻も大きくなるのが普通ですが、鼻の穴が大きくなってしまうのには次のような原因が考えられます。

 

 

鼻に指やティッシュなどを入れる

 

鼻の穴の皮膚は厚くて硬いので、すぐに皮膚が伸びてしまうということはありません。

しかし、日常的に強い力で皮膚を伸ばす行為を行うと皮膚が伸びて鼻の穴が広がることがあると言われています。

 

鼻の穴に指を入れたり、鼻づまりなどでティッシュをつめるという行動が習慣になっている場合は鼻の穴の皮膚が伸びて、鼻の穴が大きくなってしまう可能性があります。

 

普段から鼻の穴にはできるだけ指や物を入れないようにし、鼻づまりの場合はティッシュなどでかめるようにしてください。

 

 

口呼吸

 

口呼吸をすると口周りの筋肉を使わなくなるので、筋肉が落ちて顔がたるんだような状態になってしまいます。

鼻がつまりやすく口呼吸になってしまいがちな方は口の周りの筋力が落ちてしまう可能性があります。

 

口の周りの筋肉が落ちてしまうと、鼻の穴が大きくなってしまうだけでなく、鼻の下が長くなってしまったり、ほうれい線が目立ちやすくなってしまうこともあるようです。

 

若々しく見えるかどうかは顔の下半分にかかっていると言われていますので、口周りがたるむと老けて見える原因になってしまいますよ。

 

 

加齢

 

顔のパーツは加齢と共に下に下がってきてしまうという特徴があります。

 

顔には20種類以上の筋肉が重なり合って表情を作っています。

加齢によってその筋力が弱くなることに加え、顔の下半分のパーツは重力で下がりやすいので鼻の穴が大きくなる、鼻の下が伸びるというようなことが起きてしまいます。

 

そうなると顔のバランスが悪くなり、老けて見えてしまいます。



鼻の穴を小さくすることはできる?小さくする方法は?

 

人の印象を決めるパーツは、【目→鼻→口】と言われています。

鼻の穴が大きいせいで老けて見えるのは嫌ですよね。

 

大きくなってしまった鼻の穴は小さくすることはできるのでしょうか?

いくつか方法があるので、その方法をまとめました。

 

 

美容整形

 

美容整形で鼻の穴を小さくすることができます。

美容整形の良いところは、共にとどることなく、一度施術を行うと鼻の穴は小さくなるというところではないでしょうか?

 

デメリットは費用が高いというところ。

いくつか美容皮膚科の値段を見てみましたが20万円以上は費用が必要になってくるでしょう。

 

美容にお金を惜しまないという方であれば美容整形もありですよ!

 

 

鼻の筋肉を鍛える

 

 

鼻の周りの筋肉を鍛えることで小鼻もキュっと小さくなりますよ。

鼻の周りの筋肉を意識しながら行ってみてください。

 

鼻エクササイズ①

手や指を使わずに鼻の穴を小さくすぼめるように周辺の筋肉に力を入れて、元に戻す(10回)

鼻の穴が小さくなっていっていることをイメージしながらおこなってください。

 

 

鼻エクササイズ②

片方の鼻の穴を指でおさえ、もう片方の鼻で息を吸い、口から吐く(左右各5分ずつ)

必ず口から吐くのがポイントです!

鼻から息を吸った時に鼻の穴を縮め、鼻から息を吐いた時に穴が広がるようなイメージでおこなってください。

 

 

こちらの動画も参考になりますよ!

 

 

ノーズクリップで鼻を閉じる

 

ノーズクリップは水泳をする人たちが使っている道具ですが、美容目的で販売されているものがあります。

クリップでずっと鼻を閉じたまま固定すると、鼻の穴が閉じたり鼻が高くなったりといった効果があらわれると言われているのです。

 

鼻を閉じたまま生活すると口呼吸になってしまい、口周りの筋肉が落ちてしまう可能性があるので、使用時間を決めて使ってみるのも良いかもしれませんね。

 

「洗濯ばさみで良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、洗濯ばさみは挟む力が強く皮膚や粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。

専用のものを使用してください。

 

いくつか口コミ評価を見て良さそうなものをご紹介しておきますね!

 

着けた後は鼻筋が通り、小鼻もすっきりするという口コミが多かったです。継続して使うことで鼻の穴の形がきれいになり、大きさも気にならないようになるかも。

付けている間は口呼吸しかできないので30分程度を目安に何か作業をしながら付けられると良いと思います。

 

 

こちらは付けていても鼻呼吸ができるので、寝ている時にも使うことができますよ。

 

 

まとめ

 

鼻の穴は加齢だけでなく生活習慣でも形が変わったり大きくなってしまいますので、これ以上大きくなってしまわないように心がけて生活を送られると良いと思います。

 

鼻エクササイズで筋肉を鍛えることで、鼻の穴だけでなく、口周りの筋肉も鍛えることができると思いますので、毎日の習慣にして続けておこなうと効果が感じられると思いますよ!

 

 

関連記事

50代におすすめのエイジングケアのスキンケアは?しみ・シワ・たるみ・くすみに効く!

加齢による顔のくすみを改善する方法は?マッサージが効果的って本当?






-美容
-

Copyright© Happy Senior Life , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.