人生100年まだまだこれから!そんなアクティブシニアライフを応援するブログです。何歳になっても元気で楽しく過ごすために役立つ情報をご紹介します!!

Happy Senior Life




ファッション

60代女性に似合う服を選ぶポイントは?若々しく着こなす方法は?

投稿日:

Pocket

 

60代でも女性はおしゃれが大好きですよね!

私の知人の60代の女性のみなさんもショッピングなどお出かけが大好きな方が多く、ファッションにもまだまだ興味がある方ばかりです。

 

60代になると昔着ていた服が似合わなくなってきた、合わせづらくなってきたという方もいるのではないでしょうか?

 

今回は60代女性に似合う服の選び方おすすめアイテムをご紹介していきたいと思います。

60歳を過ぎても「おばちゃん」と呼ばれないように、若々しい着こなしができるように自分に合った服を選べるように参考にしてくださいね。




60代は若い頃に着ていた服が似合わなくなる?

 

若いころに着ていた服を今でも着られている方もいると思いますが、その服今でも着こなせていますか?

月日が経つと共に服の流行もあり、当時はおしゃれだと思っていた服も今着るとなんだか古臭い感じに思えてしますようなアイテムもあると思います。

 

流行以外にも歳をとることで以前は似合っていた服が似合わなくなる理由があります。

 

  • 加齢による顔のくすみ
  • 髪型や髪色
  • 体型

など

 

歳を重ねることで髪にボリュームやコシがなくなったり、体型も崩れやすくなります。

また顔がくすんでいると、以前は似合っていた色の服も、なんだか似合わないと感じることもあるでしょう。

 

60代女性に着ていただきたい服は今の自分を素敵に見せてくれる服です。

服に着せられるのではなく、内面も外見も大人の魅力を感じられる60代にしかできない「少し余裕のある服」を選んでいただければと思います。



60代女性に似合う服を選ぶポイントは?

 

目的をもって服を選ぶ

 

「とりあえずこの服とこの服を合わせてコーディネートしよう」ではなく、目的をもって服を選ばれるのが良いでしょう。

 

例えば、

  • 顔色を明るく見せたい
  • 着やせしてスリムに見せたい
  • 上品な印象にしたい

など、みなさんなりたい「理想の自分」を少なからずお持ちだと思います。

 

60歳を過ぎても顔色や体型などは服でも十分にカバーをすることはできます。

 

 

一般的に、顔回りに明るめの色を使うと顔のくすみが取れて顔色があかるくなります。

 

着やせを目的に選ぶのであれば、白っぽい色よりは黒っぽい色の方が体が締まって見えます。

パンツなどに黒、ネイビーなどの色を使うと足が細く見えますよ。

 

 

自分に似合う色を知って服を選ぶ

 

自分の好きな色が自分の顔や雰囲気に合っていりとは限りません。

人には一人ひとり似合う色があり、この色のことを「パーソナルカラー」といいます。

 

パーソナルカラーはその人の髪色、肌の色、瞳の色などによって異なり、大きく4つのタイプに分けられます。

  • スプリング(春)
  • サマー(夏)
  • オータム(秋)
  • ウィンター(冬)

 

パーソナルカラーを顔回りに持ってくると次のような効果があると言われています。

  1. 肌の透明感が増し、血色よく、顔色が明るく見える。
  2. シミや皺など、トラブルが目立たなくなる。
  3. フェイスラインなど、顔立ちがすっきり見える。
  4. 瞳がきれいに見える。
  5. パーソナリティにあった魅力を引き出してくれる。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/190836/

 

自分のパーソナルカラーを知っているだけで、今よりも若々しい印象の自分になることができるということです。

 

自分で簡単に診断することができますので、良かったら診断してみてください▼

20秒で診断!パーソナルカラー(似合う色)診断 女性編

 

 

ベーシックで質の良い服を選ぶ

 

60代になると大人の落ち着きも感じられる服装の方に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか?

 

いくつになってもフリフリの服、ミニスカート、奇抜なファッションをされている方はご自身の好みなので好きな服を着ていただければ良いと思いますが、「大人の女性」としての魅力ということで考えると違うかもしれません。

 

何歳になっても着れるようなベーシックな服を自分なりに着こなしている方は「大人の余裕」を感じます。

 

さらに、質にまでこだわって選ばれていると品が感じられたり、その方のセンスがうかがえますね。

 

質が良い=値段が高い

ということではないと思います。

 

安すぎるものはすぐにダメになってしまうかもしれないのでおすすめはできませんが、自分の気に入った素材の服をきちんとお手入れされていれば、その服は素敵に見えます。

 

また、ベーシックな服は着回し力もあるので、いろんなアイテムと組み合わせることもできるので、服をたくさん持たなくても良くなります。

良いものを少なく持つことは、自分の持っている服の数を把握しやすくなりますし、無駄な買い物をしなくても良くなります。

 

服以外のものにお金をかけることができるようになるので、さらに大人のおしゃれを楽しめると思いますよ!



60代女性が服を若々しく着こなすポイントは?

 

せっかく自分に似合う服を見つけられたも、コーディネートがうまくできないと「おばちゃん」の服装になってしまいます。

 

「おばちゃん」と言われてしまう理由は、

  • 地味なファッション
  • 女性らしさが欠けている

ということが考えられています。

 

反対に考えると、これらをカバーできる服装をすれば若々しく女性らしいコーディネートになると思います。

 

 

どこかに明るめカラーを取り入れる

歳を重ねるとどうしても、落ち着いたカラーの服を選びがちだと思います。

 

黒、茶、ベージュ、ネイビー、グレー など

 

どれも落ち着いた大人なカラーですが、全身こういった色見だと地味な印象になりがちです。

 

 

コーディネートを考えるときに、どこかに明るめのカラーを取り入れるとそれだけでパッと明るさが出ますよ!

  • トップスかパンツのどちらかを白っぽいものにする
  • 首元に水色のストールをつける
  • バッグを黄色にする
  • 靴をオレンジにする

など、小物などでも良いので差し色で使うのもおすすめです。

 

 

水色、ピンク、黄色、オレンジでもはっきりとした原色のカラーは似合わない場合もあると思いますので、60代の大人の女性には少しくすんでいるカラーや、淡い優しいカラーがおすすめです。

 

 

女性らしいパーツをだせる服装を考える

 

60代になると体型に自信がなくなるので、体系カバーを意識した服を着る方もいます。

体型をカバーするとどうしてもおばさんぽい服装になります。

 

お尻までカバーした長めの丈の服に、足の太さをカバーするためのふんわりスカートや太めのパンツなど…

女性らしくないですよね。

 

女性らしさは、体のラインが分かったり、華奢な部分は見えていると感じやすいです。

細身の方は、スキニーパンツを履いたり、タイトな長めのスカートをはくと体のラインがはっきりわかります。

 

体型に自信がない方は、首、手首、足首など体の中でも細い部分を少し出すことで女性らしさアップです。

パンツの裾を少しロールアップしたり、あえて袖を折ってみたりすると良いと思います。

画像引用:https://item.rakuten.co.jp/ampleur/pa17s033/

 

まとめ

 

自分にはどんな服が似合うのか、まずは色選びから行うと選びやすいかもしれませんね。

その年の流行に流されずに、長く着られるような良いアイテムを選ばれると良いと思います。

 

あとはご自身の好みで選んでください。

自分の好きな服を着るのが1番若々しくいるためには大切だと思いますよ。

 

楽しいシニアライフを送ってくださいね。

 

関連記事

50代・60代女性のファッションの悩みは?服選びや人気のブランドは?

60代女性の冬ファッション!おばさんと呼ばせない素敵なコーディネートをご紹介!




 

 




-ファッション
-

Copyright© Happy Senior Life , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.